ホーム>サービス内容>ガラス撥水加工

ガラス撥水加工

プロ仕様の撥水コーティング

雨の日の視界確保で安全に

雨の日の視界確保で安全に

窓ガラス撥水は、雨の日の視界確保に優れているため、安全性の向上につながります。
それだけでなく、シミ付着の防止につながり、美観上の効果も抜群です。

当ショップ施工の窓ガラス撥水加工はプロ仕様であり、カーショップなどで販売されている市販製品よりも格段の耐久性・撥水性があります。
通常の洗車では除去できない雨染み・水染み(イオンデポジット)などの付着もかなり軽減されます。

ボディへのコーティングだけでなく、窓ガラスにも、プロ仕様の撥水コーティングをすることで、長期間に渡り、美しい窓ガラスを維持し続けられます。

撥水コーティング

※すでに、雨染み・水染み(イオンデポジット)が多く付いてしまっている場合には別途除去料が必要になることがあります。
車種や大きさによって、料金は変わりますので、詳細はお問い合わせ下さい。

市販品撥水コーティング

シリコン系

シリコン系ウィンドウ撥水コーティングの代表格がガラコですね。ものすごい撥水力が魅力です。
ただ、シリコン系には注意が必要です。
シリコン系とは、つまり油。施工直後には、ものすごく撥水し、大変に気持ち良いのですが、まず長持ちしません。

ワックスと同じで、雨で少しずつ流れ落ちてしまいます。
また、劣化が激しく、ガラス上にどんどん油膜がこびりついてしまうのです。
気が付いた時には、雨の夜にはギラギラになってしまうかも。

フッ素系

ウィンドウガラス撥水コーティングにはフッ素系があります。
フッ素系は油膜ができる可能性が低いものです。
ただし、油脂分が多く含まれているものもありますので、注意が必要です。
施工直後の撥水力は、シリコン系には及ばないものの耐久性がシリコン系より長く、通常約3ヶ月~半年くらい持ちます。
油脂分の少ないフッ素系は、しつこい油膜となる可能性が低く、比較的安心して使用することができますね。
ただ、シリコン系と比較して、多少高価なことがたまにキズです。

フッ素系の撥水コーティング剤は、洗車の王国の「ウィンドウクリスタル」のような撥水剤ですね。

市販品も一長一短です。

市販品の撥水耐久性などにご不満がある方、是非当社のプロ仕様窓ガラス撥水コーティングを体験されてみてください。

ページ上部へ